2015年5月アーカイブ

どちらもエコでいいんですけど・・・

住設課の渡です。

あるお客様の所で商談のためにお伺いして、何気なく外を眺めていたときの事でした。

ある家で、屋根の上に太陽光発電が乗っている。
その横にはサンヒーターも乗っている。

載せすぎ.JPG

ほほ~
と思いながら考えてみた。

この屋根に乗っている二つのエコ機器の総重量はどのくらいなんだろう?

大まかな計算をしています。

まずサンヒーター、
満水時は300kg近くになります。

そして太陽光発電システム、
パネルが25枚ならんでいましたので、
1枚が約15kgと考えて375kg。

合計で675kg

となるわけです。

屋根の片側に偏って乗っていることになります。

もっと簡単に考えたら、

軽自動車が屋根に乗っているようなものなのです。

最近では、サンヒーターもタンクを地上において使用する重量のかからない物も出ています。

スーパーソーラー.JPG
この家の方は、省エネになるからというお気持ちで購入をされたはずです。
お客様の期待に応えるならばもう少し安全な提案も出来たのでは?
と、考えざるを得ません。

 

 

タグ

2015年5月25日

住設営業課 渡 (09:12) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:太陽光発電

光を集める ま~るい物体とは?

住設課の渡です。

今回は宣伝したところ意外な反響があった商品を紹介します。

見たことがある人はまだ少ないと思います。

私がさぼって宣伝していないものですから(笑) スミマセン。

こういうものです!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

DSC00826.JPG

なんか、変なもの付けたな~って思われたと思います。

これの名前はスカイライトチューブと言います。

残念ながら、ホームセンターには置いてありません。

しかも、境港市ではうちしか販売していません。

でも、付けると皆さんがとても喜ぶ面白いま~るい物体なのです。

これを付けると、
こんな風になります。
DSC00820.JPG

大きさが違うのに蛍光灯に負けないくらいの明るさです!
しかも北側の屋根に付けているので、直射日光が当たらないのにこの明るさなのです!
ただ通すだけではなく、虫メガネのように光を集めるという特徴があります。

製品はこんな形のものです。
筒は長く伸ばすこともできれば、曲げて向きを変えることが出来ます(オプションを買っていただければ)

DSC_0225.JPG
(当社の本社玄関に置いてあるものです)

いままでのトップライトに比べれば、
○雨漏りがしにくい。
○夏、暑くならない。
○上からのぞかれる心配がない。
○部屋の中で植物も育つ。
○雨の日でもかなりの明るさ。
○アルミの筒が通せればどこの部屋にでも設置可能!
といいことばかり書いてみました。

私自身これまで何件か設置してきましたが、思い当たるデメリットはありません。

この商品、実は
小学校3年生の理科の教科書にも掲載されています!
kyoukasyo.jpg

さらに、5月18日の読売新聞にも掲載されました!
読売新聞 スカイライトチューブ.JPG

付けてしまえば無料で明かりが暗い部屋まで届く面白い商品です。
よろしければこちらのメーカーサイトもご覧ください。

http://www.skylighttube.co.jp/

お問い合わせは住設課の渡までお願いいたします。<(_ _)>

 

タグ

2015年5月22日

住設営業課 渡 (17:57) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:住宅リフォーム

このページの先頭へ