太陽光発電システムは発電量に差があります

おはようございます。
住設課の渡です。

今日は朝から雨がぱらつくどんよりした天気です。

DSC_0044.JPG

 

当社屋上に設置している太陽光発電システム(4.2kw)はというと・・・

 

DSC_0045.JPG

朝の9時ごろの表示なのですが、この天気でも意外と発電しています。

太陽光発電システムはどのメーカーも同じように発電するわけではありません。

どういう事??って思われると思います。

このくらいと天気の時に発電できるか、出来ないかで年間の総発電量が大きく変わってくるのです。

 

例えば、一日に1kwh発電量に差が出たとします。

現在の売電価格が37円/kwhですので、

一日37円

一か月1,147円

一年だと13,764円も差が出てきます。

当社で取り扱いのパナソニックHIT太陽電池は、

他社製品に比べて

朝は早く発電して
昼間ももちろん発電して、
夕方も遅くまで発電します。
明るければ、雨が降ってても発電することだってあるんです!

放っておいてもお金を産む商品です。
とはいえ、どうせ付けるなら一円でも多く稼ぎたい!
と思うのが本当ではないですか?

今のこの業界は
カタログ一つにしても不親切な部分が多くあります。

なぜかって?

商品ごとのいい点、悪い点がカタログの数字だけではわからないからです。

ご相談だけでも構いません。

詳しく勉強してみたい。
家には付けれるか見てほしい。
他社に相談したら設置できないと断られた。

など、ブログにコメントを頂くか、
渡のどこでもオフィス
090-2803-2667 まで
ご連絡ください。

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年9月24日

住設営業課 渡 (08:59) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:太陽光発電

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hottasekiyu.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/60

コメントする




« 温水洗浄便座は水や洗剤に弱い?? | ホーム | 太陽光発電システムを付けて変わったこと »

このページの先頭へ