やってはいけない工事・・・

住設課の渡です。
前回の工事現場で引き続きおかしい工事を・・・・
あくまでも見ていただいている皆様にこういう事が無いように理解を深めて頂ければと思っています。

この写真、一見して理解しにくいかと思いますが、

IMG_1232.JPG

なぜかというと、こういう風に施工している家が結構多いからです。

写真の中心付近にある白い線、この中には太陽光のパネルから出てきた電線が入っています。

本来なら、この線、その上下にある「雪止め瓦」に固定していくものなのですが、

写真の位置にはありません。

この状態ですと、雪が積もった時に電線が引っ張られて傷む恐れがあります。

横に伸ばすのではなく、下に向けて軒の裏側を通していけばこうはならないはずです。

現在、メーカーからの工事許可を持った会社が非常に増えてきています。

しかしながら、それだけでは完璧な工事は出来ません。

設置前の屋根に対する知識、施工経験、しっかりとした打合せが無ければ、

どこかで小さなミスを犯したり、雨漏りなどの迷惑をかけることにもなりかねません。

頭の隅にでも残していただけるとありがたく思います。

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年5月11日

住設営業課 渡 (08:30) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:こんなことやっちゃいけません!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hottasekiyu.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/30

コメントする




« 気になる太陽光発電の工事 | ホーム | 昔住んでいた家にもう一度住みたい! »

このページの先頭へ